FXのトレード方法で多いスタイルは?

FXでは初心者でも口座を作るためにかかるお金などが少なく済むなどの理由から、副業として利用するというトレーダーが多くいるそうです。マーケットが24時間アクセス可能など、副業として投資するうえで都合のいい条件なども多くありますが、どのようなトレードスタイルが多いのでしょう?


FXトレードは短期が主流

日本で空いている時間だけFXを行うというトレーダーに最も多いのが、デイトレードです。これは一日のあいた時間にマーケットにアクセス、パソコンやスマートフォンに向かうことのできるまとまった数時だけトレードを行います。寝る前などに行う人が多く、自分が寝る時間や仕事を行う時間がきたら、損益にかかわらずトレードを終了させるので、知らないうちにマイナスが生まれているなどのリスクはありません。


シストレを活かしたデイトレードも

システムに売買を任せたトレード方法も増加していることから、シストレで売買の価格や通貨の予約などを行って、寝る前に売買を終了させるという方法も多くなっているそうです。これは朝のあいた時間からトレードを開始、マーケットも仕事のあいた時間などに確認を行い、寝る前にトレードを終わらせるというものです。デイトレードでも、スマホの登場やシストレの活用でスタイルは大きく変わるそうですよ。